index.htmlのありなしを統一(URL正規化)させる方法

seo

更新日:

サイトによっては、ドメイン名(【例】http:// ドメイン.com)でアクセスしても、ドメイン名の尻にindex.html(【例】http://ドメイン.com/ index.html)を付与したアドレスでアクセスしてもトップページが表示されます。

SEO対策を行う上で、index.htmlがない状態に統一させるべき(index.htmlのある状態でアクセスしてもindex.htmlのない状態のURLへ表示が変更される)と言われております。

※同一化させることをURLの正規化と呼びます。

 

このページでは、index.htmlのなしの状態へ統一させるべきSEO上の理由、統一させる方法について紹介します。

 

SEOにおいてindex.htmlのありなしを統一させるべき理由

Googleはコピーコンテンツを回避するために、コンテンツの内容が被るURLが複数存在すると、検索エンジンの評価を下げます。

これはindex.htmlのありなしのように同一ページでもURLが異なれば、重複コンテンツの対象となる可能性があります。

 

Googleの検索エンジンからの評価を下げないためにも、index.htmlなしの状態へ統一させる必要があるのです。

しかし、『海外SEO情報ブログ』によると、検索エンジンの性能が上がっているため、index.htmlがあるなしで同一のページと認識できるようになっていると言われております。

 

ですが性能は完璧ではないので、URLの正規化は行った方が良いでしょう。

 

index.htmlをなしに統一(URLを正規化)させる方法

続いてindex.htmlのありなしを、なしの状態へ統一させる方法を紹介します。

 

.htaccessのファイルを開く

まず、FTPサーバーを介して『.htaccess』のファイルを開いてください。ファイルは、サイトのファイルを保存してあるフォルダに置いてあることが多いです。

 

301リダイレクトを設定する

続いて、index.htmlのあるURLから、index.htmlのないURLへ301リダイレクトさせるための記述をします。

301リダイレクト:継続的なリダイレクト(あるURLへアクセスすると別のページへ移動すること)

 

 

記述方法は以下の通りになります。

【例】http:// ドメイン.com/ index.htmlからhttp:// ドメイン.com へ統一させる場合

Options +FollowSymLinks	
	
RewriteEngine on	
	
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html	
	
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://ドメイン.com/$1 [R=301,L]

引用:SEOラボ

 

【例】http:// ドメイン.com/ index.phpからhttp:// ドメイン.com へ統一させる場合

Options +FollowSymLinks	
	
RewriteEngine on	
	
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.php	
	
RewriteRule ^(.*)index.php$ http://ドメイン.com /$1 [R=301,L]

引用:SEOラボ

吉池悠理

青山学院大学、理工学部、物理数理学科卒業。 2016年〜SEO対策を中心としたWEBマーケティング会社で働き、並行して知人の会社の求人サイトの運営、Officeツール、プログラミングのセミナー講師、教育資料の作成などを行っている。

-seo

Copyright© WebCome , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.