SEOキーワードの選び方!キーワードの見つけ方やキーワードツールの紹介

seo

更新日:

SEO対策を始めるにあたり、まずキーワードの選定を行います。

キーワードの選定によって、どのくらいの集客が見込めるのか、目標のアクセス数が把握できるからです。

 

アクセス数を計画的に増やすためには上位表示させたいキーワードを一覧にまとめる必要があり、戦略を立てるためにキーワードの調査が必要になります。

この記事ではSEO対策で使うキーワードの調査方法や、キーワードの選定方法についてまとめました。

 

選定前に抑えるべきSEOキーワードの属性や分類

キーワードの選定を行う上で、SEOのキーワードの種類について最低限知っておくと良いでしょう。

 

DOクエリ、Knowクエリ、GOクエリ【検索ニーズによる分類】

キーワードの分け方は大きく2種類あります。一つは検索ニーズによる分類です。

※クエリ:ユーザーが検索時に打ち込んだ単語を指します。

 

この分類では、Doクエリ、Knowクエリ、Goクエリにキーワードを分類できます。

DOクエリ:

  • 定義:行動に移す可能性の高いユーザーが調べるキーワード
  • 例:『〜購入』、『〜申し込み』、『〜相談』、『〜ダウンロード』など
  • 特徴:CVR(問い合わせや購買などに至る割合)が高い傾向にある。

 

Knowクエリ

  • 定義:情報や知識を知りたいユーザーが調べるキーワード
  • 例:『〜やり方』、『〜方法』、『〜コツ』『〜原因』、『〜価格』など

 

GOクエリ

  • 定義:別名案内型クエリと呼ばれるもので、特定のサイトやウェブページを訪れる意図のあるキーワード
  • 例:『アマゾン』、『auショップ』、『facebook』など

 

ビッグキーワード〜スモールキーワード【検索数による分類】

そしてもう一つの分類方法は、検索数(単語数)によるものです。

 

ビッグキーワード(1語キーワード)

 

【特徴】

  • 複数の検索意図がある
  • 競合性が高い(上位表示が難しい)傾向にある
  • CVRが低い

【例】

  • 『SEO』

SEOライティングの方法を知りたいのかもしれないし、業者を探しているのかもしれません。

  • 『リスティング』

利用方法を知りたいのか、費用を知りたいのか、または業者へ依頼したいのか、色々な可能性があります。

 

ミドルキーワード

ミドルキーワードは2語の単語が合わさったキーワードです。ビッグキーワードほどの検索ボリューはありませんが、それなりに競合性が高いです。

【例】

『SEO ライティング』、『SEO 内部対策』

 

スモール(ロングテール)キーワード

3ワード以上の単語から成るキーワードを指します。検索数も少なく、競合性も低い傾向にありますが、CVR(問い合わせ、購買率)が高いキーワードも多いため、リスティング広告では穴場だと言われております。

 

【例】

『SEO ライティング コツ』、『SEOライティング 本』

 

SEO対策で使用するキーワードの探し方と選び方

SEOキーワードの種類について確認したところ、キーワードの選定方法について確認していきましょう。

 

検索されそうなキーワード、競合サイトをまとめる

自サイトで扱うサービス、発信していきたい情報の検索で使うキーワードや、競合サイトをまとめます。

 

キーワードプランナーで関連(候補の)キーワードを検索し調査する

まとめたキーワード、サイトのURLを元に、キーワードプランナーで調査します。キーワードの検索ツールは、キーワードプランナーを使用するのが一般的です。

キーワードプランナーへログインしたら、まとめたキーワードまたはURLを検索してください。

キーワード候補(関連キーワード)が一覧で表示されます。キーワード候補は、調べたキーワードやURLに関連性のあるキーワードが表示されます。

一覧はエクセルまたはCSVファイルにダウンロードできます。

 

keywordtoolでサジェストキーワードを調査する

キーワードプランナーからキーワードを調査したら、次はkeywordtoolでキーワードの検索をしましょう。

このツールでは、サジェストキーワードと関連キーワードの一覧を取得することができます。

関連キーワードはキーワードプランナーにおける候補のキーワードと似たものであり、サジェストキーワードは、対象のキーワードを検索したユーザーが検索する可能性が高いキーワードを指します。

広くキーワードを拾えるのが関連キーワードであり、狭い範囲で多くのキーワードを拾えるのがサジェストキーワードだとイメージするとわかりやすいかもしれません。

 

キーワードの一覧表を作成する

キーワードの調査が完了したら、一覧表を作成しましょう。一覧はカテゴリーごとに階層が分かれているのが好ましいですが、サイト運用しながら徐々に訂正していくのが良いと思います。

コンテンツマップ(キーワードの一覧表)の作成方法について詳しくはこちら

 

選定したSEOキーワードを絞るためには?

ジャンルによって事情は異なりますが、キーワードプランナーで候補となるキーワードは無数にあります。

1つのキーワードに対し1記事作成していくのがSEOでは一般的ですが、全てのキーワードに対応するのは現実的ではありません。

そのためある程度、キーワードを絞っていく必要があります。

以下、キーワードを絞るポイントについて紹介します。

 

競合性が高いキーワードを後回しにする

まず競合性の高い(検索上位が難しい)キーワードを後回しにすると良いかもしれません。

検索上位が狙いやすいキーワードのコンテンツから作成した方が、結果が出やすいからです。

上位表示されるページが増え、ドメインパワーが強くなれば(Googleから評価される)、競合性の高いキーワードでも上位表示が狙いやすくなります。

 

具体的には、Amazonや価格ドットコムのような大手プラットフォームサイトや、その分野で広く認知された権威性のあるサイトが、検索順位を占めているキーワードは注意してください。

 

CVに繋がるキーワードを軸に考える

集客のためにSEO対策を始める方にとって、いくらアクセス数が増えても、CV(問い合わせや購買など)に繋がらなければ意味がありません。

キーワードによって集客のしやすさは変わってきます。

SEO効果を得る上でCVに繋がりづらいコンテンツが必要な場合もありますが、CVに繋がりやすいキーワードを優先的に考えながら、キーワードを絞るべきでしょう。

できれば競合性が低く、CVRの高いキーワードを見つけられるとベストです。

両条件とも満たすキーワードが多いので、検索ボリュームの少ないロングテールキーワードから探してみるのも良いかもしれません。

 

発信するコンテンツの内容をベースに選定する

Googleは、ユーザーのためになるコンテンツを上位表示させたいと思っております。

そのためユーザーのためになる情報をベースに、発信する情報とキーワードを紐付ける形で、キーワードの一覧を作成してみるのも良いかもしれません。

検索数が少なく、かつCVRの低いキーワードでも、ユーザーにとって価値のある情報を発信し続けた方が、結果的にサイト全体の評価が上がり、競合性の高いキーワードでも検索上位が狙いやすくなります。

 

SEOキーワードが尽きたらどうすれば良い?

中にはSEOのキーワードが尽きてしまう方もいるでしょう。キーワードが尽きた場合、以下の3つのことを試してみると良いでしょう。

  • 競合サイトのコンテンツ、キーワードを参考にする
  • Yahoo知恵袋のようなQ&Aサイトからコンテンツの種を探す
  • 自サイトのフォロワーに質問やリクエストを募集する

 

SEOキーワードの選定に役立つツール

最後にSEOキーワードの選定で使えるツールを紹介します。

 

キーワードプランナー

文中でも紹介しましたが、キーワードプランナーは本来、リスティング広告の出稿者向けのツールです。

このツールでは、以下ことが調べることができます。

  • キーワードの候補
  • 各キーワードの検索数、競合性、入札価格

 

Keywordtool

Keywordtoolでは、GoogleだけでなくYoutube、Amazon、Ebay、Twitterなどの関連キーワードとサジェストキーワード、検索数、競合性、クリック単価などを調べることができます。

一部対応していないキーワードがあるので、対応していないキーワードはキーワードプランナーで検索しましょう。

 

共起語検索ツール

共起語とは、とある単語を連想させる、またはその単語と頻繁に出てくる、単語を指します。

SEOの記事では、共起語を含めると上位表示されやすくなると言われているため、上位表示を狙っているキーワードと共に使います。

キーワードの選定というよりは、記事を書く際に使用するのが一般的です。共起語は、共起語検索ツールを使って検索できます。

 

吉池悠理

青山学院大学、理工学部、物理数理学科卒業。 2016年〜SEO対策を中心としたWEBマーケティング会社で働き、並行して知人の会社の求人サイトの運営、Officeツール、プログラミングのセミナー講師、教育資料の作成などを行っている。

-seo

Copyright© WebCome , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.