no indexタグの設定方法とSEO上の効果、no followタグの違いについて解説

SEO用語集

更新日:

no indexとは、特定のURLを検索結果に表示(インデックス)させないよう、検索エンジンへ伝えるためのmetaタグです。

SEO対策を行う上で、no indexタグの役割や使い方について理解しておくべきでしょう。

 

このページではSEO対策におけるno indexタグの効果や、使うシチュエーション、記述方法についてまとめました。

 

no indexタグとは?

最初に、no indexタグについて理解してもらうために、no indexタグの基本知識を確認していきましょう。

 

no indexによる効果:検索エンジンへ表示されづらくなる

no indexタグを設定されたページは、検索結果へ表示されづらくなります。

 

no indexタグを設定されてもクローラーは回遊する

ですが、robots.txt(クローラーの動きを管理するためのファイル)におけるdisallow(クローラーからの回遊を制御するためのもの)と違い、no indexタグが、設定されたページを、クローラーがリンクなどを辿り回遊することは可能です。

 

そのためno indexタグがついたページが、検索エンジンからの評価(ページランク)がつくこともあります。

 

no indexを使用するSEO上の必要性

ではno indexタグを使用することでSEO上、どのような効果があるのでしょうか?

まずGoogleは品質に関するガイドラインを設けており、ガイドラインに反するページを検索エンジン上で評価しません。

 

検索エンジンから評価されない低品質なページがサイト内にあると、サイト全体(他のページ)の評価を落とす原因になります。

他ページの評価を落とさないためにも、サイト内で低品質なページが見つかった場合、no indexタグを使って検索結果へ表示させないようにします。

 

no indexタグとno followタグとの違い

no indexタグと同じく、低品質ページによりサイトの評価を下げないために、no followタグが用いられることがあります。

 

リンク先のページへの評価の受け渡しを無効にすることを、Googleへ伝えるためのメタタグであり、no followタグは低品質ページやスパムの疑いのあるページへのリンクが貼ってあるページの評価を下げない役割を果たします。

 

両者の大きな違いは、no indexタグは、低品質ページ以外の”サイト全体の評価”の低下を避けるためのものなのに対して、no followタグは、低品質ページへリンクの貼られた”特定のページ”の評価を下げないためのものです。

no followについて詳しくはこちら

 

no indexタグとdisallowとの違い

またno indexタグと、disallowの効果の違いについてよくかからない方もいるでしょう。両者の違いはクローラーが回遊するかどうかです。

no indexタグを設定してもクローラーの回遊を止めることができないのに対し、disallowを設定するクローラーの回遊が制御されます。

また、新しいページが検索結果に表示されるまで以下の二つの手順を踏みます。

  1. URLの巡回(クローリング)
  2. インデックス(検索結果への表示)

『no indexタグは②を無効にする』のに対して、『disallowは①を無効にする』と考えるとわかりやすいかもしれません。

 

no indexタグを使用する条件と主な事例

ではno indexタグはどのようなタイミングで使用すべきなのでしょうか?

以下のようなタイミング使用されるのが好ましいと思われます。

 

主な条件

【no indexタグを使用する条件】

  • ページ自体の内容が薄い(または他ページと内容が被っている)
  • サイトの構成上、ページ自体は(サイトの利便性を考えると)必要である
  • txt(disallow)で制御する必要がない(※)

※すでに対象のページがインデックスされている場合、robots.txtの記述方法がわからない場合などが想定できます。

 

使うシチュエーション例

また具体的には以下のようなシチュエーションで使用すると良いと思います。

  • 404エラー(not found)ページ
  • テストページ
  • ダウンロード用のページ

 

no indexタグの設定方法

続いてno indexタグの設定方法について確認していきましょう。

 

直接設定する場合

ファイルに直接、書き込む場合は、対象のページの要素内にある<head>タグの内部に、no indexのメタタグを記載します。

記述方法は以下の通りです。

 

<meta name=”robots” content=”noindex” />

 

wordpressを介して設定する場合

wordpressを使って設定する場合は、All in One SEOパックを介して設定すると良いでしょう。

一般設定から『No index設定』に移ると、大まかな指定ができます。サイトの仕様によって、チェックつけるべき項目は異なりますが、検索ページや404ページはno indexタグを設定した方が良いでしょう

また個別で設置する場合は、各ページの投稿ページで、下までスクロールすると専用のチェック項目が用意されております。

 

no indexタグを使用する上での注意点

最後にno indexタグを使う上で気をつけておきたいことを紹介します。

 

アクセス数が落ちる可能性がある

no indexタグの設定されたページは、検索結果に表示されなくなるので、そのページからの流入(アクセス)はなくなります。

検索結果へ表示させるべきかよく検討した上で、no indexタグを使用するか判断しましょう。

 

効果は100%ではない

先ほども説明しましたが、no indexタグを設定しても検索結果へ表示されることはあります。

またインデックスされていないページで、検索結果へ表示させたくない場合は、robots.txtを介してdisallowを設定することで、クローラーからの回遊を制御するのが良いかもしれません。

 

disallowと併用しない

no indexタグを使用する際は、disallowと併用してはいけません。Disallowによりそもそもクローラーが回遊して来なくなるので、クローラーがno indexが設定されているかどうか確認できず、インデックスが削除されなくなるからです。

 

サイトマップから削除する

サイトマップが新しくリニューアルしてから、no indexタグが設定されているのにサイトマップに登録されているページがあると、エラーメッセージが届きます。

サイトマップ上にページを残しておくと、サイトマップの送信の際にクローラーが回遊してしまうので、no indexタグを設定したページに関しては、サイトマップから削除しておきましょう。

 

吉池悠理

青山学院大学、理工学部、物理数理学科卒業。 2016年〜SEO対策を中心としたWEBマーケティング会社で働き、並行して知人の会社の求人サイトの運営、Officeツール、プログラミングのセミナー講師、教育資料の作成などを行っている。

-SEO用語集

Copyright© WebCome , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.